コンセプト

COIについて

北海道大学は、文部科学省および国立研究開発法人科学技術振興機構による「革新的イノベーション創出プログラム」(COI STREAM)に採択され、筑波大学、北里大学、30社を超える企業・機関とともに『「食と健康の達人」拠点』をつくりました。
本拠点では、一人ひとりの健康状態にあわせた最適な「食と運動」により「女性、子供と高齢者にやさしい社会」の実現を目指します。

北海道大学COI『食と健康の達人』拠点 パンフレット

 

概要について

プレママから子育て、高齢者、病後も健康で笑顔あふれる幸せ生活

少子高齢化の進む日本で、
”女性が安心して出産、楽しく子育てができ、子どもが周囲の見守りの中で健康に成長できる社会”
”老いても健康を維持し楽しく暮らすことができ、たとえ病気になっても速やかに社会に復帰できる社会”
の構築が急務です。
そのため、自分の健康がリアルタイムにわかり、自分の行動を変えられる「セルフヘルスケア」のしくみ、今と未来の健康度がわかる「健康ものさし」に基づく自分に最適な「おいしい食と、楽しく続けられる運動」。そして、住む場所、働く場所、どこにいてもリアルなコミュニケーションが生まれる場「健康コミュニティ」が必要であると北海道大学COIは考えています。
私たち一人ひとりが『食と健康の達人』になることで、「暮らし」のイノベーションが生まれます。

食と健康の達人

ご挨拶

プロジェクトリーダー 吉野 正則(株式会社日立製作所)

プロジェクトリーダー 吉野正則

北海道大学は、2015年度より、「少子高齢化先進国としての持続性確保」をテーマに北海道大学COI『食と健康の達人』拠点として活動を行っております。 これは、私たち一人ひとりが幸せに暮らせることを目指して、大学、企業、地域の自治体が一緒になってイノベーションを起こしていく取り組みであり、 美味しい食と楽しい運動でプレママ(妊娠する前の女性)から、 楽しい子育て、健やかな家族、健康で活力のある老後を”笑顔あふれる”社会で創造することを目指しています。 日本の生涯出生率は非常に低く、また低出生体重時の比率が高くなっていることが、近年大きな課題になっています。 女性にやさしく、安心して子育てができ、健康な高齢者が活躍できる健康コミュニティを構築することで、地球の活性化へと発展できると考えております。
2015年春、北海道大学北キャンパスにFMI(Food & Medical)国際拠点が竣工しました。市民の方々も参加できる、大学、企業とのオープンな コラボレーションをコンセプトとしており、北海道大学「食と健康の達人」拠点も入居しております。 北海道大学「食と健康の達人」拠点は、COIサテライトの筑波大学と北里大学と30社以上の企業、参画機関、そして住民の方々とともに、 この北海道にイノベーションを起こしてまいりますのでご期待ください。

研究リーダー 玉腰 暁子(北海道大学)

研究リーダー 玉腰暁子

北海道大学COI『食と健康の達人』拠点では、健康で“笑顔のあふれる” 幸せ生活の実現を目指して、産学官・地域が一つ屋根の下で、研究開発に取り組んでいます。この拠点には北海道大学のほか筑波大学と北里大学がサテライト拠点となり、関連する企業と自治体など数多くの機関が参画、大学と企業の研究者による従来からの産学連携の枠組みを超えたオープンイノベーションを実現できる組織体制を構築しています。 日本は世界でも例のないスピードで少子化と高齢化が同時進行しています。人々その人らしく活き活きと日々笑顔で過ごすためには、女性が安心して出産し、楽しく子育てができ、さらに子どもたちが周囲の見守りの中で健康に成長できる社会、また、老いても健康を維持し楽しく暮らすことができ、たとえ病気になっても速やかに復帰できる社会が必要です。そのために、『食と健康の達人』拠点では、自分の健康がリアルタイムにわかり自分の行動を変えられる「セルフヘルスケア」のしくみ、今と未来の健康度がわかる「健康ものさし」、それに基づく自分に最適な「おいしい食と、楽しく続けられる運動」、さらに、住む場所、働く場所、どこにいてもリアルなコミュニケーションが生まれる場「健康コミュニティ」を作ることを研究開発の課題としています。 北海道大学COI を通じて私たち一人ひとりが『食と健康の達人』になることで、地域から日本へ、そして世界に向けて「暮らし」のイノベーションが発信されることを願っています。