3.美味しい食・楽しい運動

3.美味しい食・楽しい運動

宮下先生_03

 

美味しい食で、身体も心も元気でいたい。

 

 

□自分の健康状態に最適で、美味しい食を。

 美味しい食は、身体も心も元気になります。その美味しい食が自分の健康状態にも最適なものであれば尚、良いはずです。

 心筋梗塞になった方や血圧が高い方は、塩分を控えなくてはなりません。しかし、塩分をただ、減らした食事では「美味しい食」とは言えません。そこで、私たちは、うまみ成分のある”アカモク”に注目しました。アカモクは海藻の一種で、アカモク油は内臓脂肪を減少させる効果もあるとされています。また、塩味を持っており、実際の塩分は減らしながら美味しさを保つ”新たな減塩食材”になります。

 他にも、関節炎に効く、オリーブ果実エキス等を使用した、機能性食品と運動の組み合わせや、認知症や生活習慣病に有効な抗酸化素材を使用した食材で健康機能向上を目指しています。

おいしい食_01

 

大蔵先生_03

 

苦にならない運動で、健康を維持したい。

 

 

□楽しみながら出来る運動をご家庭で。

 つらい運動は、続かず、楽しくありません。継続性をもち、子どもから大人、高齢者まで一緒にできる運動はコミュニケーションも生まれ、大きな効果があります。

 シナプソロジー®では、左右異なる動きや2つのことを同時に行うといった、身体の動きを伴いながら頭も使うことで、脳に新たな刺激を与え、脳の活性化をうながします。対象者によって運動強度を調整できるので、子どもから高齢者まで、どなたでも実施できます。自然に笑顔とコミュニケーションが生まれるので、楽しく続けられるのが特徴です。

 健康の為に、苦しい運動をするのではなく、楽しく幅広い世代でできる運動を研究開発していきます。

楽しい運動_01