フ ー ド ロ ス 削 減 コ ン ソ ー シ ア ム

フ ー ド ロ ス 問 題 の 解 決 へ

北海道大学、北海道科学技術総合振興センター、北海道立総合研究機構、セコマグループは食品の生産、流通、小売等のサプライチェーンにおけるフードロス問題の解決と歩留まり向上を目指し2020年9月、フードロス削減コンソーシアムを設立しました

 

 

 

 

 

 

活 動 に つ い て

本コンソーシアムは、北海道大学が研究開発した独自の鮮度保持・保存技術を活用したサプライチェーンによる歩留まり向上を通じて、世界が直面するフードロス問題の解決を図ることを目的とします

本コンソーシアムは、上記の目的を達成するため次の事業を行うものとします
 1: 保存技術に関する情報提供による会員のフードロス削減活動への支援
 2: 鮮度保持技術の普及を目的としたフォーラム開催等による情報発信
 3: その他、設立目的に沿う諸活動

 

 

 

体 制

本コンソーシアムは次の幹事会員と法人会員をもって構成します

【幹事会員】

本コンソーシアムの事業推進及び運営の核となる次の会員をいいます
 1: 国立大学法人北海道大学 (触媒科学研究所、産学・地域協働推進機構)
 2: 公益財団法人北海道科学技術総合振興センター
 3: 地方独立行政法人北海道立総合研究機構
 4: 株式会社セコマ

【法人会員】

本コンソーシアムの趣旨に賛同し、別途定める年会費を納める法人をいいます

 

 

 

お 問 合 せ ・ 入 会 に つ い て

本コンソーシアムでは
プラチナ触媒の鮮度保持技術の実用化・普及によるフードロス削減に参画する法人会員を募集しています
関心をお持ちの方は、下記窓口までお問合せください

フードロス削減コンソーシアム担当(北海道大学FMI推進本部 COI事務局内)
Mail no-foodloss[at]fmi.hokudai.ac.jp
※[at]は@にご変更ください